{"prg_cd":"110580"}
{"prg_cd":"108710"}
{"prg_cd":"110586"}
{"prg_cd":"111605"}
{"prg_cd":"075521"}
{"prg_cd":"108294"}
{"prg_cd":"110744"}
{"prg_cd":"111781"}
{"prg_cd":"110590"}
{"prg_cd":"107783"}
{"prg_cd":"110987"}
{"prg_cd":"111695"}
{"prg_cd":"111684"}
{"prg_cd":"109816"}
{"prg_cd":"111689"}
{"prg_cd":"108272"}
{"prg_cd":"109171"}
{"prg_cd":"109643"}
{"prg_cd":"111507"}
{"prg_cd":"111764"}
{"prg_cd":"107235"}
{"prg_cd":"108295"}
{"prg_cd":"110421"}
{"prg_cd":"110493"}
{"prg_cd":"110809"}

ステージ
宝塚への招待

宝塚への招待

「For the people ―リンカーン 自由を求めた男―」(花組2016年)

11/21(火)午前10:00

WOWOWライブ

「新源氏物語」(花組2015年)

11/25(土)よる9:15

WOWOWライブ 初回

花、月、雪、星、宙の各組による宝塚大劇場での公演の他、小劇場・宝塚バウホールで行われた人気作もお届けする。

※初回放送時の情報を掲載しております。

My番組登録者数
  • 416
宝塚への招待
「新源氏物語」(花組2015年)

11/25(土)よる9:15

WOWOWライブ 初回

田辺聖子の「新源氏物語」を原作に、1981年の初演から好評を博した作品。光源氏を演じる明日海りお率いる花組が、愛と苦悩に満ちた華やかな王朝文学の世界に誘う。

紫式部による「源氏物語」を、作家・田辺聖子が翻案した小説「新源氏物語」。平安時代の宮廷を背景に、帝の第2皇子として生まれ数奇な運命に翻弄される光源氏の愛と苦悩をドラマティックに描き出している。この王朝文学を宝塚歌劇団が1981年に舞台化したが、今回放送するのは2015年に再演された公演。花組トップスターの明日海りおが、美男子で才気あふれる貴公子、光源氏を演じる。
【ストーリー】
時の帝、桐壺(汝島伶)の第2皇子として生まれた光源氏(明日海りお)は、亡き母・桐壺の更衣に生き写しの桐壺帝の妃、藤壺の女御(花乃まりあ)に幼いころより恋慕の情を抱いていた。やがて美青年に育った光源氏は、ある夜想いを抑えきれず情熱のまま藤壺を抱き寄せる。藤壺も光源氏へと傾いていく心を止められず、2人は許されぬ恋に落ちていく。
藤壺との秘密の恋に苦しむ光源氏は、彼女の面影を追ってさまざまな女性との逢瀬を重ねる。だが、誇り高く気品のある六条御息所(柚香光)の激しすぎる愛にはなじめず、正妻・葵の上(花野じゅりあ)とは結婚当初よりすれ違いの日々だった。その後、光源氏は北山の僧庵で藤壺に顔立ちの似た美少女、若紫(春妃うらら)に出会う。彼は彼女を理想の女性に育てようと屋敷に迎える。そんな中、光源氏は男御子の誕生を喜ぶ桐壺帝に促されて美しい若宮をその手に抱く。その若宮こそ光源氏と藤壺の不義の子だった。

出演

  • 明日海りお
  • 花乃まりあ
  • 芹香斗亜
  • 高翔みず希
  • 紫峰七海
  • 柚香光
  • 京三紗
  • 汝鳥伶

スタッフ

  • 脚本/柴田侑宏
  • 演出/大野拓史

収録日・場所

  • 2015年10月16日/兵庫 宝塚大劇場
並び替え
絞り込み
閉じる

My番組登録とは?

My番組登録で見逃し防止!

見たい番組、気になる番組をあらかじめ登録。
放送時間前のリマインドメールで番組をうっかり見逃すことがありません。

利用するには?

WEB会員IDをご登録のうえ、ログインしてご利用ください。

WEB会員IDをお持ちでない方
WEB会員IDを登録する
WEB会員IDをお持ちの方
ログインする
閉じる

番組で使用されているアイコンについて

初回初回放送
新番組
最終回
生放送
5.15.1chサラウンド放送
二カ国語版二カ国語版放送
吹替版吹替版放送
字幕版字幕版放送
字幕放送
無料ノンスクランブル(無料放送)
PG-12指定2009年4月以前に映倫審査を受けた作品で、PG-12指定(12歳未満は保護者同伴が望ましい)されたもの
PG12指定劇場公開時、PG12指定(小学生以下は助言・指導が必要)されたもの
R-15指定2009年4月以前に映倫審査を受けた作品で、R-15指定(15歳未満鑑賞不可)されたもの
R-15指定相当R-15指定に相当する場面があると思われるもの
R15+指定劇場公開時、R15+指定(15歳以上鑑賞可)されたもの
R15+指定相当R15+指定に相当する場面があると思われるもの
R指定1998年4月以前に映倫審査を受けた作品で、R指定(一般映画制限付き)とされたもの