{"prg_cd":"075521"}
{"prg_cd":"108710"}
{"prg_cd":"110586"}
{"prg_cd":"110744"}
{"prg_cd":"110809"}
{"prg_cd":"075438"}
{"prg_cd":"110581"}
{"prg_cd":"111571"}
{"prg_cd":"012062"}
{"prg_cd":"110184"}
{"prg_cd":"110580"}
{"prg_cd":"108794"}
{"prg_cd":"111026"}
{"prg_cd":"111539"}
{"prg_cd":"111069"}
{"prg_cd":"110987"}
{"prg_cd":"111140"}
{"prg_cd":"111835"}
{"prg_cd":"111071"}
{"prg_cd":"111284"}
{"prg_cd":"111803"}
{"prg_cd":"110432"}
{"prg_cd":"109765"}
{"prg_cd":"111654"}
{"prg_cd":"111370"}

ステージ
三谷幸喜「子供の事情」

三谷幸喜「子供の事情」
現在、放送予定はありません。

三谷幸喜作・演出のステージ。天海祐希、大泉洋ら豪華キャストが、それぞれの“事情”を抱える小学4年生の少年少女を演じた、歌あり踊りありの心温まる傑作コメディ。

三谷幸喜が作・演出を手掛けた2017年の作品。本作の舞台は昭和46年の小学校。天海祐希、大泉洋、吉田羊、小池栄子、林遣都、青木さやか、小手伸也、春海四方、浅野和之、伊藤蘭という豪華キャストが小学4年生を演じる。
一見奇抜なアイデアだった“大人が10歳の少年少女を演じる”試みはみごと大成功!クラスに必ずひとりはいたような個性的なキャラクターを、26歳から63歳までの豪華出演陣が生き生きと演じている。三谷幸喜がかつて10歳だったすべてのオトナたちに贈る心温まる傑作だ。
※初回放送時の情報を掲載しております。

My番組登録者数
  • 0

三谷幸喜作・演出のステージ。天海祐希、大泉洋ら豪華キャストが、それぞれの“事情”を抱える小学4年生の少年少女を演じた、歌あり踊りありの心温まる傑作コメディ。

三谷幸喜は脚本の執筆に当たりいくつかの小学校を取材。児童とともに授業を受け給食を食べるうちに、彼らが想像以上に大人で、“10年しか生きてないが、既に色々な人生を背負っている”ことに気付いたという。そんな気付きが本作の執筆に大きな影響を与えている。そして、クラスに必ずひとりはいたような個性的なキャラクターを、26歳から63歳までの豪華出演陣が生き生きと演じる。かつて10歳だったすべてのオトナたちに贈る心温まる傑作だ。
【ストーリー】
昭和46年の世田谷区立楠小学校4年3組。放課後の教室に残っているのはいつも同じ顔ぶれだった。クラスでいちばん頼りになるアニキ(天海祐希)、クラスでいちばんの勉強家ホリさん(吉田羊)、クラスでいちばんいたずら好きのゴータマ(小池栄子)、年寄りのような言動のジゾウ(春海四方)、恐竜博士のドテ(小手伸也)、誰かの言葉をなんでもオウム返しにするリピート(浅野和之)、みんなのあだなを付けたホジョリン(林遣都)。それに、仕事が忙しく放課後に特別授業を受けている子役スターのヒメ(伊藤蘭)を含め、彼らは“スーパーエイト”と呼ばれていた。そんな何かと騒がしい8人に学級委員のソウリ(青木さやか)が目を光らせている。
4月のある日、4年3組にミステリアスな転校生ジョー(大泉洋)がやって来た。そこからクラスのパワーバランスが少しずつ変化して…。

出演

  • 天海祐希
  • 大泉洋
  • 吉田羊
  • 小池栄子
  • 林遣都
  • 青木さやか
  • 小手伸也
  • 春海四方
  • 浅野和之
  • 伊藤蘭

スタッフ

  • 作・演出/三谷幸喜

収録日・場所

  • 2017年7月26日/東京 新国立劇場 中劇場
並び替え
絞り込み
  • 現在、放送予定はありません。

閉じる

My番組登録とは?

My番組登録で見逃し防止!

見たい番組、気になる番組をあらかじめ登録。
放送時間前のリマインドメールで番組をうっかり見逃すことがありません。

利用するには?

WEB会員IDをご登録のうえ、ログインしてご利用ください。

WEB会員IDをお持ちでない方
WEB会員IDを登録する
WEB会員IDをお持ちの方
ログインする
閉じる

番組で使用されているアイコンについて

初回初回放送
新番組
最終回
生放送
5.15.1chサラウンド放送
二カ国語版二カ国語版放送
吹替版吹替版放送
字幕版字幕版放送
字幕放送
無料ノンスクランブル(無料放送)
PG-12指定2009年4月以前に映倫審査を受けた作品で、PG-12指定(12歳未満は保護者同伴が望ましい)されたもの
PG12指定劇場公開時、PG12指定(小学生以下は助言・指導が必要)されたもの
R-15指定2009年4月以前に映倫審査を受けた作品で、R-15指定(15歳未満鑑賞不可)されたもの
R-15指定相当R-15指定に相当する場面があると思われるもの
R15+指定劇場公開時、R15+指定(15歳以上鑑賞可)されたもの
R15+指定相当R15+指定に相当する場面があると思われるもの
R指定1998年4月以前に映倫審査を受けた作品で、R指定(一般映画制限付き)とされたもの