CONCEPT

あなたは、「自分」について
語ることができるだろうか。
経歴や職歴ではなく、自身の誇り、
情熱、夢、生き様について。
徹底的に自分と向き合い、勝負の世界に
おいても人生においても自信に満ち溢れ、
「これが自分だ!=This is WHO I AM」
という輝きを放つ
世界中のパラアスリートたちの物語は、
今こそ伝えられるべきである。
これまで世界最高峰のエンターテインメントを
送り届けてきたWOWOWが
IPC(国際パラリンピック委員会)とともに
新たに発信する
スポーツドキュメンタリーシリーズ。

Are you able to describe who you are?
Not about which school you graduated or where you work.
But about your passion, pride, your dream or what you live for.
The Para-Athletes are filled with confidence
once you see them,
you will be able to see their identity and individuality through their bodies
proclaiming proudly this is WHO I AM.
As a company that has been showing worldwide top entertainment,
we want to show top Para-Athletes from all around the world with IPC.

STAFF

梁邦彦

梁邦彦Kunihiko Ryo

「WHO I AM」シリーズ テーマソング・劇伴音楽制作
ピアニスト / 作曲家 / 音楽プロデューサー

1960年東京生まれ。1996年にアルバム「The Gate Of Dreams」をリリースしてソロデビュー。その後、ロンドンシンフォニーオーケストラ、ロンドンフィルハーモニーなど、世界有数のオーケストラとともに8枚の正規アルバムをリリースしライブ活動を展開。一方で、日韓で映画、アニメーション、ドキュメンタリー、CF、ドラマ、オンラインゲームなどの劇伴音楽制作およびOSTアルバムを数多くリリース。2014年ソチ冬季オリンピック閉幕式の次期開催地公演の音楽監督、作曲演奏。2015年パリユネスコ本部でのユネスコ70周年総会オープニングセレモニーにおいて作曲演奏など、その活動は多岐にわたる。2016年、ソロデビュー20周年を迎える世界的音楽家が、「WHO I AM」シリーズのオリジナルテーマソング・劇判音楽制作を務める。

Kunihiko Ryo/Bang Ean Yang

"WHO I AM" Theme Song Producer
Pianist/Composer/Music Producer

Born in 1960 in Tokyo, Ryo released a solo debut album "The Gate Of Dreams" in 1996. Altogether, he has released eight albums and has held several concerts with the London Symphony Orchestra, London Philharmonic Orchestra and many other top world orchestras. Also, he produces movies, animation, documentaries, CF, drama and online game songs in Japan and Korea. He has also released several original soundtrack albums as well. In 2014 Sochi Olympic Game, he produced the closing ceremony song since the next winter Paralympic game is going to be in Pyeongchang. Also he was the music producer for the UNESCO 70th anniversary opening ceremony. This year marks the 20th anniversary of his solo debut. This world class music producer produced the original theme song for "Who I Am".

新田桂一

新田桂一keiichi nitta

“WHO I AM” Photographer
フォトグラファー

1975年東京生まれ。1997年に渡米し、フォトグラファー テリー・リチャードソン氏に6年間師事。
2006年に帰国後、独立。現在は東京を拠点にパッショナブルな作風でファッション誌や広告など、幅広い分野で世界的に活躍している。「WHO I AM」のキービジュアル撮影のため、アシスタントの勝間田大揮氏とともに、ブラジル、オランダ、イラン、ボスニア、オーストラリアなど、世界各国を飛び回った。選手たちが一瞬にして心を開くその手腕は彼が撮影した一枚一枚の写真によく表れている。

Keiichi Nitta

“WHO I AM” Photographer
Photographer

Born in 1975 in Tokyo, Nitta went abroad to the United States in 1997 to train under Terry Richardson. He worked as an assistant for six years returning to Japan in 2006 to work on his own. He now works in Tokyo shooting for fashion magazines and ad campaigns, as well as other freelance work. He’s currently traveling around the world to Brazil, The Netherlands, Iran, Australia and Bosnia and Herzegovina with his assistant Daiki Katsumata to shoot the “Who I Am” photography.

ロゴデザイン

プロデューサー 神宮広志(エンジンフィルム)
アートディレクター 川上智也(エンジンフィルム)

ムービングロゴデザイン

ディレクション 世界株式会社
CGアートディレクター 荒牧康治
ミュージック 村井智(TYMOTE)

写真撮影

アシスタントフォトグラファー 澁澤羅貴

WEBサイト制作

山下大観
飯田隆之

番組制作協力

アクロバットフィルム
ウッドオフィス
共同テレビ
パオネットワーク

WOWOW

プロデューサー 泉理絵(WOWOW)
チーフプロデューサー 太田慎也(WOWOW)
エグゼクティブプロデューサー 口垣内徹(WOWOW)

Logo Design

Producer Hiroshi Jingu
Art Director Tomoya Kawakami

Moving Logo Design

Direction CEKAI
CG Artist Koji Aramaki
Music Satoshi Murai (TYMOTE)

Photograph

Assistant Photographer RAKI SHIBUSAWA

Website producer

Hiromi Yamashita
Takayuki Iida

Documentary Production

ACROBAT FILM
WOOD'S OFFICE
KYODO TELEVISION
PAO NETWORK

WOWOW

Producer Rie Izumi (WOWOW)
Chief Producer Shinya Ohta (WOWOW)
Exective Producer Tetsu Kuchigochi (WOWOW)
閉じる

My番組登録とは?

My番組登録で見逃し防止!

見たい番組、気になる番組をあらかじめ登録。
放送時間前のリマインドメールで番組をうっかり見逃すことがありません。

利用するには?

WEB会員IDをご登録のうえ、ログインしてご利用ください。

WEB会員IDをお持ちでない方
WEB会員IDを登録する
WEB会員IDをお持ちの方
ログインする
閉じる

番組で使用されているアイコンについて

初回初回放送
新番組
最終回
生放送
5.15.1chサラウンド放送
二カ国語版二カ国語版放送
吹替版吹替版放送
字幕版字幕版放送
字幕放送
無料ノンスクランブル(無料放送)
PG-12指定2009年4月以前に映倫審査を受けた作品で、PG-12指定(12歳未満は保護者同伴が望ましい)されたもの
PG12指定劇場公開時、PG12指定(小学生以下は助言・指導が必要)されたもの
R-15指定2009年4月以前に映倫審査を受けた作品で、R-15指定(15歳未満鑑賞不可)されたもの
R-15指定相当R-15指定に相当する場面があると思われるもの
R15+指定劇場公開時、R15+指定(15歳以上鑑賞可)されたもの
R15+指定相当R15+指定に相当する場面があると思われるもの
R指定1998年4月以前に映倫審査を受けた作品で、R指定(一般映画制限付き)とされたもの